脱力駆動開発記

ゲームアプリを作るエンジニアの日常・技術メモ

【Rider】RiderでSerializeField属性のフィールドの命名規則を設定する

f:id:cocokyoro:20190911000407p:plain ↑この絵いるか?

記事内のRiderのバージョン:2019.2

ちょっと探すのに時間かかったのでメモ。

Riderでは他のIDE同様にC#のコードの命名規則ができる。
自分は普段個人で書くときはprivateなローカル変数はprefixとして"_"を付けてる。

C#のローカル変数の命名規則
Riderの
Preference->Editor->CodeStyle->C#->Local variables
から設定できる
f:id:cocokyoro:20190910235331p:plain

しかし、この設定をやっても[SerializeField]属性がついた変数には警告が出続ける。

f:id:cocokyoro:20190910235525p:plain

どうやらSerializeField付きの変数の命名規則は別にあるようだ。
どこだーと探したところ
Preference->Language&Frameworks->Unity Engine->Serialized field naming rules
という項目があった。

f:id:cocokyoro:20190910235626p:plain

ここでprefix(前につける文字),suffix(後ろに付ける文字),Styleが設定できた。

prefixに"_"をいれると、

f:id:cocokyoro:20190910235919p:plain

警告が消えた\(^o^)/

CodeStyleのところにUnityっていう項目を作ってくれた方がわかりやすかったな〜。
というわけで以上です。

はてなProに移行して色々変えてみた

f:id:cocokyoro:20190907141958p:plain:w500
↑ _(:3」∠)_が書きたかった

tl;dr

Proにしてみた

数日前に友人と飲んで、友人のブログがProにしてるのを知った。
アドセンスとかも導入してるとのことで、触発されて自分もProにしてみることに。

hatenablog.com

Pro化の料金は
1ヶ月→1,008円/月
1年コース→703円/月
2年コース→600円/月
という体系。

1年コースでお試しでやってみることに。

ドメインを取得した

せっかくなのでドメインも取得。

ドメインはstmn.techで年間189円!やすい。
ちなみに少し前にapp-ads.txt対応のために取得したcomドメインは2000円近くした。高い。。
(https://stamina-technology.com/) 今回これをそのまま使ってもいいかなと思ったんですが、ブログをサブドメインにしたくなかったのと、ハイフンが入ってるのがださいと思ったので取り直しました。

色々設定する。 blog.hatenablog.com 手順はこちらどおりにやったら特に詰まらずに行けた。

ブログ名変えた

前までは「ただの適当な開発記」でやってました。学生のときに適当につけた名前でそのままやってました。
せっかくなのでProにしたタイミングで名前も変えてみよう、ということで
「脱力駆動開発記」
に変更しました。
ゆるく生きるためにアプリを作っている節があるので、脱力駆動 _ (:3」∠) _

名前を変えたあとは、Gooleさんに名前変えたよ〜って伝えないと検索にひっかからなくなるので、色々やる。
GoogleのSearchConsoleでFetch as Googleを実行すればOK。

keywordfinder.jp

これをやることで、ちゃんと検索に出るようになりました\(^o^)/ワーイ

www.google.com

というわけで、今後も当ブログをよろしくお願いします!

【旅行】シンガポール滞在記2019

8/29~9/2までの5日間、シンガポールに旅行に行ってきた。
大学のサークルの後輩が去年の夏からシンガポールで働いていて、彼に会いにこっちの友人と二人で向かったのだった。
現地に住んでる後輩の案内がとても面白くて、有名な観光地だけじゃなくて住宅街とか市場とかも見て回れた。
印象に残ってることを雑多に書いてみますた。

Grabが強い

シンガポールでは今Grabという企業がアツいらしい。
Grabは日本でいうUberで、タクシーやらフードデリバリーやらを展開してる。
街中のいたるところにGrabFoodのロゴを見かける。


めちゃくちゃUberEatsっぽい。パクリすぎじゃないか?
と思ったら、どうやら去年の頭にGrabはUberを買収してたんですね。
news.mynavi.jp

なんかUberって世界的に優勢かと思っていたので、こういう地域があるのがびっくりしました。

二輪シェアリングサービスはあんま流行ってない

去年中国に行ったときは自転車のシェアリングがめちゃくちゃ流行っていた。
街中にはたくさんの自転車が走っていたし、自転車のほとんどはシェアリングのものだった。

でもシンガポールではあんまりだった。
そもそも街中を走ってる自転車の絶対数が少ない。

中国では最大手だったMobike。シンガポールでも展開をしていたようだけど、今年の3月に撤退を発表していたみたい jp.techcrunch.com

ただ、街中にはたまにポツンとMobikeが置いてある。回収漏れ?

他社も完全に撤退というわけでもなく、いくつかありました。
中でもAnywheelというロゴの自転車を一番多く見かけたので、乗ってみた。

自転車についてるQRコードを読み込んで解除
→乗る
→駐輪スペースに貼ってあるQRコードを読み込んで駐輪

という感じなので、どこでも乗り捨てOKってわけではなかったです。

eScooterは楽しいけど浸透してない

もう一個使ってみたのがGrabWheelというeScooterのシェアリングサービス。

www.grab.com

eScooterって初めて乗ったんですが、電動のキックボードという感じ。
基本的な操作はキックボードと一緒だけど、左右のハンドルに加速と減速のトリガーがついててそれでスピードを調整できる。
最高時速は16km/hくらい。
加速を押しっぱなしにしてれば地面を蹴る必要もないので自転車よりも楽なんですが、いかんせん思う存分走れるような道が少ない。
eScooterは歩道を走る決まり(車道は走っちゃだめ)になっているみたい。
歩道は人通りが多いので、降りて歩くかチョコチョコ走る場合が多かった。

逆に自分が道を歩いてるときにeScooterに乗ってる人とすれ違うときがあったけど、ぶっちゃけ結構なスピードが出てて危なかった。
乗ってる分には楽だし楽しいけど、今後何かしらの規制は入るんじゃないかなという所感でした。

bitcoinATMがある

同行した友人の情報で、シンガポールにはbitcoin用のATMがあるとのこと。
実際に行ってみるとこんな感じでした

普通のATMっぽい。
ビットコインのウォレットを持っていればその場でシンガポールドルをbtcで入金できるとのことで、その場でウォレットを作って入金してみました。
期せずしてbitcoinデビュー!(今更

シンガポール公営住宅には全てがあった

途中シンガポールに住んでるの後輩の家にお邪魔した。
公営住宅で、環境がめっちゃいい。
飯・ジム・猫の3つがすぐに手に入る。



飯といいつつ写真はオレンジジュースの自販機。
住宅併設のスーパーや飲食店がたくさんありました。

ジム

日本の公園とかでもたまにあるやつ。
ジムっていうほどじゃないかもだけど、運動ができる器具がやたらいろいろあった。 しかも居住区のブロックごとに。夜におじさんが使ってた。



かわいい。住宅の人が餌あげたりしてた。 やたらたくさんいた

食事がすぐ買えて、運動もできて、猫も居るなら最高ですよね。

現地民とのバスケ対決

この住宅街にはバスケコートやフットサルコートもいくつかあった。
後輩がバスケボールを持っていたので遊ぶことに。

現地の中高生っぽい3人組がいて、3ポイントシュートのコツを聞いたら、

「You are not professional. Throw here.」
『君は上手くないからここから投げなよ(フリースローラインを指しながら)』

と言われめちゃくちゃ笑った。なんて正直な子なんや。。
こっちも3人組だったので、友人が声をかけて一緒に混合で3on3をやることになった。
めちゃくちゃ疲れたけど楽しかった。けどボコボコに負けた。

まあなんかそんな感じで居心地のいい住宅街で、日本に疲れたらこのあたりに住みたいなと
思ったのでした。

英語通じる

シンガポール公用語は英語で、厳密にはSinglishというシンガポール英語(Singapore+English)らしい。
普通の英語も堪能ではないのでぶっちゃけ差は分からなかった。
英語学習は趣味程度に続けてたけど、現地の人とのコミュニケーションは問題なくできたのでちょっとした自信になった。

シンガポールはいいぞ

5日間という短めの滞在でしたが、とてもいい旅行になりました。
提案してくれた友人と現地で案内してくれた後輩に感謝。
マリーナ・ベイ・サンズやセントーサ島マーライオンなど王道の観光名所も行きました。
マーライオンはネットだと「意外としょぼいぞ」みたな情報が多かったのですが、おかげでハードルが下がっていて結果として期待を大きく超えてくれました。

シンガポールは年中気候が夏っぽいのもいいですね。
鬱々とした気分の時もとりあえず外に出て猫と戯れれば生きる気力が湧いてきそうです。
日本の四季は好きですが、季節ごとに服変えるのがめんどいのでずっと同じなのは楽そうです。

また近いうちに行きたいなと思った次第です。

【読書】最高の休息法

最近の悩みで、昔ほど集中力が続かなくなっている。
新卒1年目の頃は一晩中中断せずにコード書いてたりできたけど、最近はもう
作業->youtube->作業->youtube->youtube->ニコニコ->おやつ->作業->おやつ->ニコニコ
みたいな堕落っぷり。
無理やりデスクに向かって作業をし続けるっていうことはできるけど、作業の質は確実に落ちてる。。

なんかないかなーと思い、
去年くらいに後輩が勧めてて買ったまま積ん読してた本で「最高の休息法」ていう本があったのでふと読んでみたんですが、とても良かった。

脳を効果的に休める方法について、脳疲労のメカニズムとともに解説している。
脳は何もしていない状態でも疲れるので、その疲労を定期的に取り除き、かつ疲れにくい習慣を持つことが大事。その手法について詳しく記載してある。
瞑想やヨガは正直うさんくさいものだと思っていたけど、メカニズムを知ったあとだと合理的なことやってたんだなーと納得。


面白いもので、載ってる呼吸法やらストレッチやらをやったら今日は久しぶりに作業に深く集中できました(めちゃくちゃ単純)

最初の20ページくらいに休息法について図とともにまとまってるので、とりあえずそこを読むだけでもおすすめの内容でした。

amazonで見てみたらCDブック(音声版?)も出てるんですね。

本で紹介していた休息法を、音声ガイドとともに実践する内容だと思います(憶測

エンジニアの引越し(令和ver)

tl;dr

引越ししました

まえおき

引っ越しをしたい_(:3」∠)_
もともと社会人一年目のときに終電を逃すことが頻発し、会社の近くに住むと決めて引っ越したのが今の家。

当時の物件探しはすぐに終わった記憶がある。

  • 会社の優待がある不動産屋に行く
  • 会社への距離が近い順で内覧させてもらう
  • 内覧1軒目で決める

という感じだった
もう当時は会社に近ければなんでもいいやという心境だったので、この方法でもよかった。
間取りは1K、22平米で結構狭い。

この物件に住んでかれこれ5年。
部屋を広げたくなったのと、ちょっと勤め先が近すぎて距離を置きたくなったので引っ越すことに。

参考記事がたくさん

「エンジニア 引っ越し」とかで検索すると他の方の記事がたくさんでてきます。
(別にエンジニアのキーワードはいらないかもしれないけど、体系的にまとまってるのはエンジニアの方の記事が多い印象です

多くの人はこちらの記事を参考にしていたので、自分も参考にした。
blog.shibayu36.org
nanapi.jp

どこの記事でも「良い不動産屋探しが大事」と書かれているので、そこを気をつける_(:3」∠)_

やったこと(下準備編)

全体のチェックリストを作る

引越しのタスクのチェックリストを作りました。
引っ越し準備のチェックリスト|引越侍
こちらのを元に自分用にカスタム

引越し用のアドレス作る

gmailでつくりました

住みたい部屋の条件を決める

細かく条件を決めました。
自分の場合はAmazonヘビーユーザーなので宅配ボックスはマスト_(:3」∠)_

住みたい物件の候補さがす

決めた条件に合ってる物件がどのくらいあるか見てみる。
最初はSUUMOとかをHOME'Sを使って見てたけど、一括で検索出来るアプリがあったのでそちらを使いました。


賃貸物件検索 家探しはニフティ不動産の家探し
賃貸物件検索 家探しはニフティ不動産の家探し
posted withアプリーチ

何がいいって、検索結果画面で間取り表示ができます。
f:id:cocokyoro:20190712024049p:plain


これが便利!
そんな感じでめぼしい物件をいくつかリストアップしました。

やったこと(仲介業者探し編)

仲介業者に送る用の文面を作る

ohbarye.hatenablog.jp
この方のブログのテンプレを参考にしました。
理想の物件のところに、事前に見つけてた物件を書きました。

仲介業者を探す

「いえらぶ」という不動産屋レビューのサイトがあるのでそれを使いました。
(いえらぶに友人が勤めてて知った
www.ielove.co.jp


住みたいエリアで絞って、評価の高い順にソート
上から20件の不動産屋さんにメールフォームから連絡しました。
電話いっぱいくるときついので、電話番号は書かないように注意しました。

待つ

すぐ反応がある、自動返信メール以降反応が無い、何回かやりとりしてるうちに返事がなくなる等、いろいろありました。
「本日中にいくつか物件を提示いたします!」と来てから音信不通とか結構ありました(´・ω・`)
その中でやりとりが続いた店(株式会社アシスト 新中野店)に決めました。

やったこと(内見~決めるまで)

条件はメールで伝えてあったので、
店に行っていくつかおすすめ物件の情報を見せてもらいました。
その日のうちに候補として絞った2つの物件だけを内見。
2つ目の物件で契約しました。

やったこと(引越し編)

引越し業者を探す

最近よくCMが流れてる「引越し侍」を使いました。
hikkoshizamurai.jp
引越し業者の比較が出来るサイトです。

ここで一括で見積もり依頼を出す機能があるので、それを使いました。
決めた業者は「引越し本部長」です。
レビューがよかったのと料金が安かったので。
荷物の量とかを伝えて詳しい見積もりを出してもらいました。

荷造り

ダンボールはAmazonで購入しました。
いらない本・もの・家具を捨てまくる。
荷造りは2週間前からがいいってなんかの記事で見かけましたが、自分がちゃんと始めたのは3日前から、、
前日深夜までかかりました_(:3」∠)_

搬入

当日は「ケーエー引越しセンター」という業者さんが作業をしてくれました。
朝一番のプランだったので、8:30頃にきてもらい荷物の搬入。
すごい親切な業者さんで、旧居から新居にいくときに一緒にトラックに乗せて連れていってくれました..!
新居への搬入も終わり、10時過ぎには撤収。

そこから3日かけてダラダラ荷解きをして、今日無事に全てが終わりました_(:3」∠)_
いい家が見つかったと思うし、全体的に満足度の高い引越しになりました。

まとめ

  • 引越しのノウハウはネットに結構溜まってるので、それに則るだけでも満足度の高い引越しが出来る。
  • アプリやwebサービスを駆使すると便利
    • 物件探しは「ニフティ不動産の家探し」がオススメ
    • 不動産屋探しは「いえらぶ」がオススメ
    • 引越し業者探しは「引越し侍」がオススメ

なんか思い出したら追記するかも


そんなわけで家具を買いにいってきます(`・ω・´)ゞ

【便利ツール】アプリのリンクを複数プラットフォームでまとめる

久しぶりのブログ更新です。

TL;DR

・onelinkというサービスが便利
・複数ストアのURLを1つのURLに集約できる

近況(なんか長くなった)

先日、新しいアプリをリリースしました!


ご覧の通り、よく分からないことになってます。

一つ前にリリースした五七五オンラインは本当にありがたいことに多くの皆さんに遊んでいただき、今も鋭意アップデート中です。
そんな中、なぜこんなアプリをリリースしたかというと、、

なんでですかね。。

しょうもないアプリを世間にリリースしたい欲がすごいんですよね。
ビジネスには向いてない思考だなってつくづく思います。

実はゲームの基盤部分自体は、2年前に1dayのゲームジャムで作っていました。
cocokyoro.hateblo.jp
元々1日で作った内容なので、これを1週間くらいかけてリリース用に修正したり機能を足したりしてました。
盤を投げ飛ばす処理だけ無駄に汎用的に作ってありました。
記事の中で「リリースします!」て言ってるのに結局放置してたので、今回サルベージした感じですね。

ちなみに「オセロ」という名称は日本国内では商標登録されているので、「リバーシ」に変更しました。
リバーシはドイツでは商標登録されているのですが、他の国では問題なく使えます。
なので投げリバーシiOS,Android共にドイツを配信対象外にしてます。
(最初ドイツも対象にして申請したらAppleがリジェクトしてくれました

アプリのリンクをまとめたい

でやっと本題なんですが、ゲームの結果画面でシェアしたいときに、アプリのストアURLをつけることが多いと思います。

五七五オンラインではbitlyという短縮URLサービスを使用してiOS,Android両方のストアURLを作成し、
シェアするときはユーザーの使用しているプラットフォームのURLのみを記載するようにしていました。

iOSの場合だと

五七五オンラインで一句詠みました

        • -

ほげほげげ
ほげほげほげげ
ふがふがが

        • -

#五七五オンライン
http://bit.ly/575on_ios

て感じです。

両プラットフォームのURLを載せたかったんですが、
iOS: ~~~~~
Android: ~~~~
みたいなフォーマットにすると
文字数が増えちゃうので、泣く泣く一つだけ載せてました。

投げリバーシではそこを改善しようと思っていて、
自前でリダイレクトURL作るのめんどくさいな~と思ググってみたらいいのがありました。

onelink.to
onelinkというサービスです。

UI

画面はこんな感じ

f:id:cocokyoro:20190411210023p:plain
onelink

シンプルなUIで分かりやすいですね。

対応プラットフォーム

下記のプラットフォームとURLを紐付ける事ができます

  • AppStore
  • AppStore(iPad)
  • GooglePlay
  • MicrosoftStore
  • Blackberry
  • Amazon AppStore
  • 該当なしの場合のFallback URL

つまりここのAppStoreとGooglePlayのところに入れればやりたかったことができちゃいますね

f:id:cocokyoro:20190411211049p:plain
search2
ここから自分のアプリを検索すればURLを手入力しなくてもいいので楽です。

その他の機能

ありがたみ
と思いつつ、自分の場合はあまりQRコードを使う場面には出くわしたことはない、、
勉強会でスライド発表する方とか、名刺に入れる方とかには良いですね!

  • URL編集

登録したアプリに紐づく
http://onelink.to/~~~
の~~~部分を編集できます。
分かりやすい文字列にできるのはありがたいですね。

使ってみた

そんなこんなで今回作成したリンクがこちらです

http://onelink.to/threv

  • 五七五オンライン

http://onelink.to/575on

複数URLを管理したいときは、Googleアカウントでログインすれば情報を保存する事ができます。

おわり

というわけで以上です。
シェアURLを作るときはオススメです_(:3」∠)_

【Unity】AnimatorがもつStateを手軽に再生する拡張

タイトル正確には「実行時にAnimatornのもつStateを手軽に再生する拡張」て感じです
ググればたくさん出てきそうな拡張ですが、、

AnimatorのもつAnimationを実行時に簡単に確認したい!みたいな要望を仕事でもらったのでとりあえず書いてみた
AnimationならPreviewで再生すればいいじゃんて話なんですが、

  • 毎回タブから再生するアニメーション名を選択するのが面倒
  • EditorモードだとAnimationイベントが呼ばれない

とかがあったので、実行時に一覧で見れるようにしますた

これをEditorフォルダの中にいれておくだけで

f:id:cocokyoro:20190130021451p:plain
こんな感じでAnimatorControllerのステートごとに再生するボタンが表示されます
Condition設定するのが面倒だったりするときは地味に便利